読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

7.波

 

知人が地雷を踏んでいった。

いや、正しくは、知人の投稿でわたしの地雷が勝手に爆発した。最悪だ。

 

先日、とても大切な人が亡くなった。冗談でもつらくても「しにたい」って呟く人が許せなくてブロック祭りだった。もうしにたいなんて言えないって思った。

なのに。頭の中がしにたいで埋め尽くされてきて。そんな自分が、だいきらい。

 

わたしのつらさはほとんど家のせい。ここから出たらラクになれるってわかってる。

でも。だって。いくつもの言い訳を並べて、自分に言い聞かせて。

本当は不安なだけ。変わらないのもラクなんだ、馬鹿みたいだよね。

わたしひとりならどうなってもいいけど、ここから抜け出したら、極貧生活になるだろう、娘に寂しい思いをさせたりつらい思いをさせたり、そうなるかもしれない。そんなところに飛び込む勇気は、ない。

 

何言ってんだか。結局またこれだ。

つらい。家出たい。でも。だって。無理だ。つらい。ずーっと繰り返し。

笑ってくれ。

 

切るのを我慢できても、急に襲ってくる感情の波を避けられない。どうにもならない。切ってしまったほうが何倍もラクだ。こんな感情、切り離してしまいたい。苦しい。

 

唯一褒められる、自分でもすきな、わたしの手。気付いたら傷だらけで可哀想。脚も傷だらけ。可哀想。ごめんね。

 

あー。

生きたい